当院の方針


痛みや不調の原因を追及します。

症状についてしっかり聞かせていただきます。

症状に合わせた検査と施術を行います

施術は、からだへの負担が少なく、痛みがない安全な方法でおこないます。




適応症状

このような症状でお悩みの方


・首痛
・肩こり
・肩が痛くてあがらない
・脇や胸の痛み
・腕の痛み・だるさ
・寝返りができない

・頭部の痛み、触るとピリピリする、輪っか様の締め付け感
・こめかみの痛み
・後頭部、側頭部、頭頂部、前頭部痛

・目の疲れ
・目の奥の痛み、だるさ
・目がしょぼしょぼする
・焦点が定まりにくい
・飛蚊症

・耳鳴り(片側でキーンと高い音が聞こえる、一定周期で雑音が聞こえるなど)

・めまい(まわる、ふわふわ感、立ちくらみ、フラフラしてまっすぐ歩けない)

・顎関節症

・肩の痛み

・肘の痛み、曲がらない、伸びない、捻れない

・手首、曲がらない、物を持つと痛い、手をつくと痛い

・指の痛み・しびれ、握りにくい、力が入りにくい

・猫背
・背中の痛み
・脊柱側弯彎症
・肋間神経痛

・腰痛
・坐骨神経痛

・足の痛み、しびれ(股関節痛、膝痛、足首痛(捻挫など)、足の裏の痛み・しびれ)

・歩行困難(歩くと痛い、長く歩けないなど)

・手術後の体調不良

・骨折後の動きにくさ、痛み、だるさ、重さ

・人工関節手術後の動きにくさ、痛み

・睡眠障害
・呼吸障害

・胃の痛み、重さ、気持ち悪さ

・胸焼け、吐き気

・便秘、下痢

・生理痛、生理不順、月経前緊張症

 

施術の間隔


初めて来院されたときの症状の状態と、どのような経過をたどってきたか、過去に受けたケガや事故、手術、現在の日常生活やスポーツ、仕事の内容などで症状の改善は様々ですので、その方の症状の変化によって施術の間隔を変えていきます。


例えば2回目の施術は1週間後とします。


1週間後に来院されたときの症状が、1回目より6割ほど少ないようでしたら3回目は2週間後、3回目の来院で症状がほぼ落ち着いていれば4回目は1カ月後と施術の間隔を伸ばしていきます。


その後は患者さん自身にからだの調子を観察していただき、調子がなんとなくおかしいというような変化がみられたときに来院していただく、心配であれば、2週間に1回、1カ月に1回としばらく定期的な施術を受けるなどと患者さんにお任せいたします。

ご自身で決めかねるときはお伝えください。


当院では、「あと~回は来てください」というような、こちらから施術回数をお伝えすることはしません。


患者さんひとりひとりの問題点を考慮して、その方に最適な施術計画を提案致します。


けっして強制ではありませんのでご安心ください。

 

 

感染症の予防について


◆新型コロナウイルス感染症の対処方針

• 入室の際には手指消毒をお願いしています。
• 部屋の換気を一定の間隔でおこないます。
• 更衣室、ドアノブなどをアルコール等の除菌消毒液で消毒します。
• 患者さんの密着を避けるため、予約枠は一定の間隔を空けます。
• お一人の施療ごとに以下を徹底します。
 1. 流水と石鹸による手洗い。 
   またはアルコール等の除菌消毒。
 2. アルコール等の除菌消毒液による器具の消毒。
 3. タオルなどは共有せず、家庭用洗剤で洗濯し完全に乾かす。
 4. マスクを着用して咳エチケットを守る。
 5. 施術者そして患者さまの目、鼻、口を触らない。



プライバシーポリシー


当院では施術を受けられた方が特定できる写真や名前などの掲載はいたしません。
また、個人情報(住所、電話番号、メールアドレス等)につきましても「個人情報保護法」に則り厳重に管理し、第三者への提供などもおこないません。